今回の噂の真相:化粧品編は、「キャリーオーバー成分って何?」です。

化粧品情報サイト

噂の真相-化粧品の知識-


キャリーオーバー成分って何?

2001年の4月から、化粧品は全成分表示が義務付けられています。
一見、消費者の為の国の親切のように思えますが、実はキャリオーバー(持ち越された化学物質)成分には表示義務がないことから、けっして消費者の為とは言えないのです。

キャリーオーバー成分とは、エキスを抽出される際に使用されたり、原料を安定させる目的で配合されたりする成分(アルコール、安定剤、酸化防止剤、防腐剤など)です。

化粧品の全成分表示義務があるにも関わらず、キャリーオーバーとして使用した成分は表示しなくても良いという特例が設けられているのです。

つまり、無添加や自然派などと謳っている化粧品が必ずしも安全という訳ではないということです。

※原材料等に一切に化学合成物質を使用していないものを「ノンキャリーオーバー」と言います。