化粧品の着色成分として配合されるカオリンについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


カオリン

花崗岩が風化してできた粉末または塊状の鉱物で、化学的には含水ケイ酸アルミニウムで白色〜微白色の粉末を化粧品の原料として使用します。

他の粉体の肌への付着性を高めたり、パウダー基剤とする目的で白粉(おしろい)をはじめ、各種メイクアップ製品に使われています。

タルクと共に、ベビーパウダーにも使用されています。