化粧品の着色成分として配合される赤類について。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


赤類(赤201、赤202、赤226)

赤201は法定色素のタール色素で、リソールルビンBという赤色の合成色素です。
高発色する赤色色素ですので、口紅やリップグロスに広く使用されています。
その他に、アイシャドウや頬紅などのメイクアップ製品にも使用されています。

赤202は法定色素のタール色素で、リソールルビンBCAという赤色の合成色素です。
高発色する赤色色素ですので、口紅やリップグロスに広く使用されています。
その他に、アイライナーや頬紅などのメイクアップ製品にも使用されています。

赤226は法定色素のタール色素で、ヘリンドンピンクCNというピンク色から赤色の合成色素です。
高発色するピンク色から赤色色素ですので、頬紅、アイシャドウ、リップグリスなどのメイクアップ製品に広く使用されています。