化粧品の着色成分として配合されるラッカイン酸について。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


ラッカイン酸

タイやインドに産するラックカイガラムシの雌が分泌する殻物質より抽出して得られる赤色色素です。

わずかに特異な臭いがある橙赤色の粉末で、水やアルコールに溶ける性質を持っています。

酸性の条件では、光や熱に対して安定性が高く、シャンプー、石鹸、メイクアップ製品に赤色の色素として使われています。