化粧品の収斂成分として配合されるタンニン酸について。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


タンニン酸

五倍子や没食子から得られるポリフェノール性の化合物で、アルコールやアセトンに溶けやすい性質を持つ黄白色〜薄褐色の粉末またはフレーク状の固まりです。

収斂効果が強く、引き締め用の化粧品に配合が適しています。

ポリフェノールですので、抗酸化効果や美白効果などの新しい有効性も研究されており、今後、さらに配合用途が広がる可能性のある原料です。

10%の水分を含んでいる原料ですので、空気や日光にさらすと酸化により徐々に黒ずんできます。

また、アルブミン、デンプン、ゼラチン、アルカノイド、金属塩と混合すると、不溶性の沈殿を生じるので、処方に当たっては注意が必要な原料でもあります。