化粧品の収斂成分として配合される酒石酸について。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


酒石酸

植物界に広く分布している有機酸で、ワイン製造時にできる酒石を原料にしたり、マレイン酸などを原料にして合成されています。

無色透明の結晶か白色の粉末で、水やアルコールに溶ける性質を持っています。

収斂効果がありますので、キメ細かい肌に整えるアストリンゼントローションなどに配合されています。

また、pH調整の目的で使用されることもあります。