化粧品の洗浄成分として配合されるステアリン酸Kについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


ステアリン酸K

アニオン界面活性剤の代表的なタイプの一つで、白色の固体で、高級脂肪酸のステアリン酸のカリウム塩です。

乳化剤や洗浄用化粧品に泡立ちを高めたり、泡の性質を固めにしたりする目的で配合されています。

Na塩と比較すると、水溶性に優れていますので、ボディシャンプーに使われています。