化粧品の洗浄成分として配合されるアシルグルタミン酸塩類について。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


アシルグルタミン酸塩類

グルタミン酸とステアリン酸、ヤシ油脂肪酸、ラウリン酸などの脂肪酸塩化物をアシル化反応によって得られるアニオン界面活性剤の代表的な原料です。

脂肪酸の性質で洗浄力や起泡性が異なっています。

皮膚や粘膜に対する刺激性が少ないので、敏感肌用の石鹸、シャンプーに好んで使われています。

アミノ酸系洗浄成分ということで、使用時や使用後の肌への感触がマイルドなので安全性を実感できる特徴があります。

ステアロイルグルコサミン酸Naは乳液やクリームなどの製品に乳化成分としても使われています。