化粧品の洗浄成分として配合されるラウリルベタインについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


ラウリルベタイン

ラウリル酸、ラウリル酸アルキルエステル、アミノ酢酸ベタインなどから合成される両面界面活性剤の代表的な原料です。

水によく溶け、幅広いpHで安定性が高く、低刺激性、増粘効果、泡立ちを良くするなどの特徴を持っています。

毛髪に対して柔軟効果、帯電防止効果、湿潤効果がありますので、シャンプーやリンスなどに使われています。

また、肌当たりの良い泡立ち効果もありますので、ボディシャンプーやハンドソープにも使われています。