化粧品の乳化成分として配合されるレシチンについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


レシチン

大きくは、マメ科植物ダイズ(大豆)より抽出されたものと、卵黄から得られるものがあります。

角層に馴染みやすく、細胞間脂質と同様の性質を持ち、優れた保護効果があります。

乾燥による肌荒れを防ぎ、柔軟な肌に整える目的で、クリームや乳液、美容液に配合されています。

製品としては、ラメラ構造を作りやすく、複雑な乳化形状を持つとされています。

リポソーム構造を最も作りやすいリン脂質として活用されている原料です。

水添レシチンとは、レシチンを水添して合成し、安定性が改良されたリン脂質です。