化粧品の乳化成分として配合されるステアリン酸について。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


ステアリン酸

牛脂やヤシ油からケン化分解して脂肪酸を得て、ステアリン酸として精製された白色の薄片状の結晶です。

アルカリと一緒に配合して石鹸を作ったり、乳化成分としてクリームや乳液に広く使われています。

また、クリームにおいては固形状オイルとして、コクのある感触や安定性を増すために使われることもあります。