化粧品の生理活性成分として配合されるEGFについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


EGF(Epidermal Growth Factor)

EGFとは、人の体が本来持っている因子で、体内で53個のアミノ酸から形成されるタンパク質の一種です。

通常は上皮成長因子と呼ばれています。
つまり皮膚表面の新陳代謝の進歩や成長、そして促進させる因子ということです。

EGFは、人がもともと持っているタンパク質で肌を整える役割を担っている成分ですので、肌の表面(角質層)には、EGFを受け取る為の受容体が備わっています。

その為、肌細胞の働き自体を活性化させるためのスキンケア化粧品に広く使用されています。

肌細胞の活性化とは、つまりターンオーバーの活性化のこととなりますので、EGF配合化粧品はシワ、シミ、ニキビ、肌荒れなどの肌トラブル全般に対して効果的だと言われています。