化粧品の保湿成分として配合されるロイシンについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


ロイシン

水にはやや溶け難く、白色の結晶または結晶性の粉末で、少し苦味を感じます。

肌の感触を滑らかに整えたり、毛髪のコンディショニング効果を目的に使用されています。

生体体内では、タンパク質の合成に使われる他、エネルギー代謝においては重要な成分のアセチル補酵素Aになります。