化粧品の保湿成分として配合されるレチノール類について。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


レチノール類

ビタミンAアルコールとも呼ばれる活性型のビタミン誘導体の1つで、原料としては、化学的に合成された黄色の結晶体です。

水には溶けず、アルコールや油剤に溶ける性質を持っています。

パルミンチ酸レチノールは、パルミンチ酸とのエステルで安定化したものです。

皮膚や粘膜の正常な代謝を促進するビタミンなので、肌を健康に保ち、保湿効果を高める目的で配合されています。

また、真皮ではコラーゲンの合成代謝を促進することも研究で突き止められ、しわ・たるみの予防にも応用されています。

製品の処方によっては、安定化に充分に考慮する必要のある成分です。