化粧品の生理活性成分として配合されるアデノシン三リン酸2Naについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


アデノシン三リン酸2Na

生体内でエネルギーの保存と供給をしている高エネルギーリン酸結合を持つ分子です。

白色の結晶または結晶性の粉末で、水に溶けやすい性質を持っており、一般的にはアデノシン三リン酸は「ATP」と呼ばれています。

皮膚細胞を活性化させる効果があり、高エネルギーを持つ分子であることや、エイジングによる細胞内呼吸の減少を抑制しますので、エイジングケア用の製品に配合されます。