化粧品の保湿成分として配合されるユビキノンプロリンについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


ユビキノン(コエンザイムQ10)

ベンゾキノン誘導体で、生体では細胞内呼吸を行なっているミトコンドリアの内膜に存在し、エネルギー代謝に深く関わっている補酵素です。

エネルギー代謝が加齢とともに低下するのを防ぎ、皮膚細胞活性化効果が期待される成分なので、様々なエイジングケア化粧品に配合されています。

医薬品として使用されていましたが、2004年に化粧品にも配合が許可され、エイジングケア成分としてブームになった成分です。

ネガティブリストに収載されており、配合規制があります。