化粧品の保湿成分として配合されるパンテノールについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


パンテノール

パントテン酸のアルコール型誘導体で、アルコールに溶ける性質を持つ無色で粘性のある液体です。

パントテン酸と同じく、毛髪の成長に促進的に働く効果がありますので、育毛用化粧品に配合されています。

また、皮膚細胞の活性効果もありますので、エイジングケア目的の製品にも配合できますが、医薬品成分ですので配合規制があります。