化粧品の生理活性成分として配合されるアセチルパントテニルエチルについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


アセチルパントテニルエチル

パンテノールの誘導体で、無色から薄黄色の粘性のある液体です。

化粧品基剤への溶解性や安定性、経皮吸収などが改良されたものです。

パントテン酸と同じく、毛髪の成長い促進的に働く効果がありますので、育毛用化粧品に配合されています・

肌に対する活性効果もありますので、アンチエイジング用の製品にも適しています。