化粧品の保湿成分として配合されるニコチン酸トコフェロールについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


ニコチン酸トコフェロール

ビタミンB群の1種ニコチン酸とビタミンEであるトコフェロールのエステル化によって作られた、薄黄色〜橙色の柔らかい固形オイルです。

融点は36〜40℃で、アルコールや水には溶けません。

ニコチン酸とビタミンEの効果を併せ持っていますので、エイジングケア、肌荒れ防止、くすみ防止の目的で多くの製品に配合されています。