化粧品の生理活性成分として配合されるアスタキサンチンについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


アスタキサンチン

サケ、エビ、カニ、オキアミなどの海洋動物に含まれる赤〜赤橙色をしたカロチノイドです。

原料としては合成や動物などから抽出されていますが、ヘマトコッカスという藻類の培養による生産も行なわれてます。

カロチノイドには、抗酸化作用の強い成分が多くありますが、中でもアスタキサンチンの作用は非常に強いとされています。

フリーラジカルの発生を防ぎ、炎症を予防する効果も期待されており、その効果はβ−カロチンやビタミンEよりも強いという報告があり、アンチエイジング、肌荒れ防止、クスミ防止の目的に適した成分です。

赤〜赤橙色をした色素ですので、配合する際には、その点を考慮しておく必要があります。