化粧品の保湿成分として配合されるカンフルについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


カンフル

クスノキに多量に含まれており、クスノキの木片から水蒸気蒸留という方法で抽出するか、または合成で作られています。

樟脳の臭いがする、白色半透明の結晶または結晶性の粉末で、アルコールに溶けやすい性質を持っています。

また、固体から直接蒸発(昇華)する性質もあります。

皮膚に浸透すると、始めは清涼感があり、その後で血液の循環を盛んにする働きがありますのでカーッとした熱感を感じます。

その他に、防腐効果もありますが、医薬品成分ですので配合規制があります。