化粧品の保湿成分として配合されるカロチンについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


カロチン(β−カロチン)

動植物界に多く分布している生体色素(カロチノイド)であり、赤紫色〜暗い赤色の結晶性の粉末で、ビタミンAの前駆物質です。

柔軟効果があり、皮膚の代謝を正常に保つ働きがありますので、乾燥に負けない肌を作る化粧品に適しています。

フリーラジカルの影響を防ぎ、皮膚細胞の新生を助けるなどの知見もあり、研究によりエイジングケア目的の製品に使われています。

食品分野では、よくカロテン(β−カロテン)という名称が使われています。