化粧品の角層柔軟成分として配合されるパパインについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


パパイン

パパイヤ科植物パパイヤの果実から抽出し精製されたタンパク分解酵素で、白色〜薄褐色の粉末です。

特異な臭いがあり、水に溶けて酵素活性を発揮します。

分解するタンパク質のタイプが幅広いので、角層細胞のタンパク質を分解し、古い角層を除去する働きに優れていますので、毛穴に溜まった角栓を除く目的の洗浄剤やパックなどに配合されています。

酵素ですので製品は粉末状であり、使用するときに水やお湯に溶かして使うタイプの化粧品でなければなりません。

食品分野では、食肉にまぶして柔らかくするのに用いられています。

また、洗濯用の洗剤に、衣服の垢を効率よく落とす為に配合されることもあります。

また、医薬品成分ですので、配合規制があります。