化粧品の角層柔軟成分として配合されるグリコール酸について。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


グリコール酸

自然界では、サトウキビやブドウの実や葉などに含まれている有機酸で、化粧品原料としては、クロロ酢酸かアミノ酸のグリシンをもとに化学的処理をして作られます。

白色の結晶または結晶性の粉末で、水に溶けやすい性質を持っています。

角層の柔軟効果や除去効果があり、乾燥などでザラついた肌を滑らかに整える化粧品に配合されます。

近年では、ケミカルピーリング剤として医療で使われる場合が多い原料です。