化粧品の保湿成分として配合されるムコ多糖について。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


ムコ多糖

牛・豚の皮膚や結合組織など、また魚類の軟骨や皮などから酵素処理、アルカリ処理などによって得られるムコ多糖の水溶性です。

ムコ多糖類の種類としては、原料や抽出法によって組成が変わりますが、ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸が主体になります。

原料自体が水分吸収能力が高く、高粘性のゲルを作りますので、高い保湿効果があります。

乾燥から肌を守り、柔軟にする目的で、化粧水・美容液・クリーム・乳液などに幅広く配合されています。

他の保湿成分との組み合わせにより、相乗効果が高まる処方の研究が盛んに行なわれています。