化粧品の保湿成分として配合されるプラセンタエキスについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


プラセンタエキス

プラセンタエキスは、現在では主に豚の胎盤を、血液を除きキレイにし、新鮮な状態で凍結させて保存したものを、無菌的に抽出・精製したエキスです。

精製方法により含まれる成分が異なりますが、主な成分としては、アミノ酸、ビタミン類、アルカリ性フォスファターゼなどを含んでいます。

保湿効果、皮膚細胞の活性効果、美肌効果を持っていますので、加齢による肌トラブルを防ぐ化粧品に幅広く使用されており、美白用化粧品にも多く使われています。

現在のプラセンタエキスは、一般的にアレルギーの原因となるような成分やホルモンは取り除いてあり、安全で体への影響のない成分構成となっています。

BSE(狂牛病)の問題以降、現在では牛由来のプラセンタエキスは使用されておらず、豚由来が主流となっています。

美白用やアイチエイジグ用化粧品には、正常な分娩の後のヒト胎盤から得られるヒトプラセンタエキスが配合されています。

関連キーワード