化粧品の保湿成分として配合されるヒアルロン酸Naについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


ヒアルロン酸Na(ヒアルロン酸ナトリウム)

鶏のトサカから、タンパク分解酵素で加水分解したり、弱アルカリで抽出して得られる白色から薄黄色の粉末です。

近年では、微生物による発酵法でも抽出できる技術が開発され、分子量の大きさで様々な使用の原料としても普及しています。

ヒアルロン酸分子中に非常に多量の水分を保有することができ、その性質から強力な保湿成分としての応用が盛んになっています。

乾燥から肌を守り、キメの整った肌を維持、回復する様々な化粧品に配合され、感触改良の為にも化粧水や美容液に配合されることがあります。

現在では、代表的な保湿成分として幅広く使用されています。

微生物で合成されるヒアルロン酸を「バイオヒアルロン酸」と呼ぶ傾向にあり、また、ヒアルロン酸はコラーゲン系の成分や、その他の保湿成分などと組み合わせると相乗効果も得られますので、その方面の研究も盛んに行なわれています。

関連キーワード