化粧品の保湿成分として配合される尿素について。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


尿素

尿に含まれている生体成分の1つですが、皮膚の角層では天然保湿因子としての働きがあるとされている成分です。

現在では、化学的に合成されて作られており、無色〜白色の結晶または結晶性の粉末です。

少量の配合で、角層の柔軟・保湿効果があり、乾燥から肌を守る目的で配合されています。

多量に配合することで、肘や踵などの硬くこわばった角層を取り除いて滑らかにする効果があり、医薬品ではハンドケア、肘や踵の角化症のケアに処方されている成分です。

多量に配合した場合、顔などの皮膚に対して刺激性もありますので、配合には注意する必要がある成分の1つです。