化粧品の肌荒れ改善成分として配合されるローマカミツレ花エキスについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


ローマカミツレ花エキス

キク科植物ローマカミツレの花から抽出したエキスで、成分としては、特徴的にカマアズレンを含み、その他カフェ酸、フラボノイド類を含んでいます。

消炎効果に非常に優れており、肌荒れ防止の化粧品によく使用されています。

また、抗菌効果もありますので、育毛やフケ・痒みの防止効果を助ける目的で、ヘアケア製品にも配合されています。

ヨーロッパでは、ハーブティとして、あるいは入浴剤として汎用されています。