化粧品の肌荒れ改善成分として配合されるグリチルレチン酸類について。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


グリチルレチン酸類

マメ科植物カンゾウ(甘草)の根、または茎から抽出精製されたグルチルリチン酸を、さらに酸で分解して得られてグルチルレチン酸、またはステアリルエステル、ステアリン酸エステル、またはグリセロールエステルです。

グリチルレチル酸ステアリルとステアリン酸グリチルレニルは、オイル系原料によく溶けます。

強力な消炎効果があり、肌荒れを防ぎ、健康的な肌を維持する目的の乳化系、オイル系製品に幅広く使用されています。