化粧品の肌荒れ改善成分として配合されるグリチルリチン酸類について。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


グリチルリチン酸類

マメ科植物カンゾウ(甘草)の根、または茎から抽出精製されたグルチルリチン酸、またはグリチルリチン酸のカリウム塩およびアンモニウム塩で、塩類は水によく溶けます。

強力な消炎効果があり、肌荒れを防ぎ健康な肌を維持する目的の製品に幅広く使用されています。

その他に、ニキビの予防や悪化を防ぐ目的のスキンケア製品、あるいはフケや痒みを防ぐヘアケア製品にも多く配合されています。

グリチルリチン酸はその誘導体も多く、様々な機能を持つ成分として開発され続けています。

界面活性剤としての効果もありますので、天然成分だけで作る乳化製品の開発も続けられています。

アルカリ中和タイプの増粘剤と一緒に使用すると、ゲル構造が壊れて粘度が低下します。