化粧品のエモリエント成分として配合されるラノリンアルコールについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


ラノリンアルコール

ラノリンをケン化分解して得られる高級アルコールと、コレステロールなどの脂肪族アルコールの混合物からなるオイルで、黄色味を帯びたクリーム状〜固形状の形状をしています。

角層になじみ保水性が高く、強い保護作用を持っていますので、乾燥に負けない肌へと整えます。

スキンケアからメイクアップ化粧品まで使用でき、また、乳化安定化の働きもあります。

アレルゲンとしても知られている成分ですので、配合においては使用量と他の成分との組み合わせに注意が必要です。