化粧品のエモリエント成分として配合されるラノリンについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


ラノリン

羊の毛から採集したオイルで、薄黄色〜黄褐色の粘性があり、クリーム状の原料です。

主成分は、高級アルコールと高級脂肪酸のエステルです。

肌への親和性が高く、角層から水分が蒸発することを防ぎ、柔軟にしますので、クリームや乳液によく配合されています。

純度の低いラノリンは、皮膚アレルギーの原因物質であるラノリンアルコールを含んでいますので、最近では純度の高いラノリンを採用しています。