化粧品のエモリエント成分として配合されるモルティエレラ油について。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


モルティエレラ油

糸状菌の1種であるモルティエレラをブドウ糖を主原料として培養し、油脂分を抽出精製して得られるオイルです。

成分的にはトリグリセリドですが、脂肪酸組成においてγ−リノレン酸を多く含む特徴があります。

エモリエント効果、肌荒れから肌を守る効果がありますので、肌を柔軟にし、滑らかな肌に整えるオイル製品やクリーム、乳液などへの配合に適しています。

γ−リノレン酸は免疫機能に関係することで着目されている成分で、市場訴求力も高く、月見草油以外の高γ−リノレン酸含有オイルとしての活用が広まると考えられています。