化粧品のエモリエント成分として配合されるブドウ種子油について。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


ブドウ種子油

ブドウ科植物ブドウの種子から抽出した無色〜薄黄色の液状オイルで、最近の健康食品ブームによって、呼び名としては「グレープシードオイル」として普及しています。

脂肪酸組成としては、リノール酸を多く含み、ビタミンEであるトコフェロールが多く含まれているのが特徴です。

抗酸化作用や、ビタミンEのフリーラジカル消去作用がありますので、単なる柔軟・保護成分として用いられるのではなく、積極的なトリートメント効果が期待できます。

感触的にも、さらりとした肌へのなじみが良い液状オイルですので、感触の改良のためにも配合されます。

栄養価が高く、高級な食用オイルとして使用されています。