化粧品のエモリエント成分として配合されるダイズステロールについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


ダイズステロール

植物界に広く分布している植物性ステロールであり、ダイズ油などの植物油の脱酸工程で得られるガム質を精製して得られる、白色の結晶性の粉末です。

化学的には、シトステロール、スチグマステロール、カンペステロールの混合物で、水に溶けず油脂類に溶ける性質を持っています。

コレステロールと同じように、液状オイルに溶かして角層になじませると、水分の蒸発を強力に抑える働きがあり、乾燥から肌を守るクリームや乳液などに配合されています。

また、乳化の安定性を高めるためにも配合されています。