化粧品のエモリエント成分として配合されるスクワランについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


スクワラン

深海鮫の肝臓に多量に含まれている肝油からスクワレンを取り出して、水素添付し、酸敗しないように安定化させた無色透明な液体オイルです。

皮膚に対する浸透性が良く、ベタツキの無い特性があります。

そのままでマッサージ用のオイルとしたり、クリームなどのオイルに混合して、感触の改良の為に使われています。

医薬品においては、軟膏基剤、座薬の基剤としてもよく使われています。

もともとスクワランは、深海鮫の肝臓油から作られていましたが、近年の植物性原料ブームで植物性スクワランを配合した製品が増えつつあります。
(オリーブ油、コメヌカ油、コムギ胚芽油、ゴマ油などの植物油から抽出されたスクワレンを水素添付したものが、植物性スクワワンと呼ばれています。)