化粧品のエモリエント成分として配合されるコメ胚芽油について。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


コメ胚芽油

イネ科植物イネの種子にある胚芽から得られたオイルで、成分としてはトリグリセリドを主体としていますが、有効成分としてγ-オリザノールが有名な原料です。

肌を柔軟にし、水分の保持効果に優れているだけでなく、肝機能を活性化する効果も期待できます。

乾燥から肌を守り、健康で柔軟な肌に整えるオイル製品やクリーム、乳液、美容液などへの配合に適しています。