化粧品のエモリエント成分として配合されるアボガド油について。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


アボガド油

クスノキ科植物アボガド(日本名:ワニナシ)の実より得られる薄黄色〜褐色をしたオイルです。

脂肪酸の組成として、オイレン酸の比率が多く、ビタミンAやフィトステロールを含んでいます。

皮膚親和性が良く、柔軟効果に優れていますので、クリームや乳液に使用されています。

アボガドは「森のバター」と呼ばれるほど、多量のオイルを含んでいます。