化粧品のエモリエント成分として配合されるゴマ油について。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


ゴマ油

ゴマ科植物ゴマ(胡麻)の種子から得られた薄黄色をした液状オイルで、ゴマ特有の臭いがあります。

主成分はオイレン酸、リノール酸のトリグリセリドですが、セサミン、セサモールなどの抗酸化作用を持つ成分も含んでいます。

肌を柔軟にし、水分の保持効果に優れています。
また、乾燥から肌を守り、柔軟な肌い整えるオイル製品や各種クリーム、乳液などに使われます。

優れた抗酸化作用を持つセサミンやセサモールは、サプリメントなどの健康食品分野で大いに着目されている老化防止の期待の大きい成分です。