化粧品のエモリエント成分として配合されるキョウニン油について。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


キョウニン油

バラ科植物アンズの種子から得られたオイルで、脂肪酸組織はオイレン酸、リノール酸などです。

肌に滑らかになじみ、柔軟効果に優れています。
乾燥に負けない肌をつくるスキンケア化粧品または口紅やリップクリームなどに適しています。

ヨーロッパでは、マッサージオイルに使用されています。