化粧品の美白成分として配合されるコウジ酸について。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


コウジ酸

味噌や醤油などを作る際、発酵させる時に使うコウジカビの培養液から発見された生理活性成分です。

コウジカビを培養し、濾過された培養液から抽出精製された無色の針状結晶です。

メラニン合成の鍵を握るチロシナーゼの酵素活性部にある銅イオンを封鎖して、活性を抑える作用に優れていますので、美白成分として使用されています。

紫外線吸収剤などと組み合わせて、日焼けなどによるシミやソバカスを防ぐ化粧品に適している美白成分です。

動物実験により毒性の問題が指摘されましたが、充分な安全性の追加試験によって安全性が確認され、現在では問題なく使えるようになっています。