化粧品の美白成分として配合されるグルタチオンについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


グルタチオン

多くの生物が持っている重要な生理活性成分であり、分子構造としては3つのアミノ酸が結合したポリペプチドで、酸化や還元反応に関わっています。

特異的な臭いがあり、水に溶け易い白色結晶性の粉末です。

メラニン色素の合成を抑制する働きがありますので、美白製品に配合されています。
また、肌荒れ防止効果を目的としても使用されることがあります。

生体内では、肝臓や筋肉に多く含まれており、肝臓では解毒作用に関与していることから、肌の保護作用にも期待できる原料です。

水溶液としての安定性が非常に悪いので、現実的にはパウダーのような形状でした作れないのが難点です。