化粧品の美白成分として配合されるアルブチンについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


アルブチン

ハイドロキノンの糖誘導体で、コケモモなどの植物に含まれている成分です。

原料的には、糖とハイドロキノンから合成して作られています。

結合様式によりα型とβ型があり、無色の針状結晶で、水やアルコールによく溶ける性質を持っています。

メラニン合成の鍵を握るチロシナーゼという酵素の活性を抑える作用に優れていますので、美白成分として日焼けなどからシミやソバカスを防ぐ美白製品に使われています。

ハイドロキノンはヒドロキノンとも呼ばれています。