化粧品の美白成分として配合されるt−AMCHAについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


t−AMCHA

t−4−アミノメチル−シクロヘキサンカルボン酸で、美白作用を持ち医薬部外品の有効成分として2002年に承認されました。

強い紫外線などを浴びて、肌が炎症を起こした時に発生するプロスタグランジンというメラニン色素生成誘導因子の発生を抑制することで美白効果を発揮します。

また、同時に肌荒れを誘発するプラスミンというタンパク分解酵素の生成も抑制しますので、肌を健康に保つ働きもあり、美白用及び肌荒れを防ぐスキンケア化粧品などに適しています。

医薬品としては、トラネキサム酸とも呼ばれており、プラスミノーゲンの働きを阻害することで炎症反応を抑えます。