化粧品の美白成分として配合される油溶性アスコルビン酸類について。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


油溶性アスコルビン酸類

イソパルチミン酸とアスコルビン酸のテトラエステルや、ステアリン酸、パルチミン酸のエステルにより、水溶性だったアスコルビン酸を油溶性化した原料です。

通常、アルコルビン酸(ビタミンC)は水溶性で、しかも水溶液では不安定な性質を持っていますが、テトラヘキシルデカン酸アスコルビンやパルチミン酸アスコルビンなどは油溶性で安定な誘導体です。

従来は配合し難いクリームや美容オイルなどの油分量の多い製品に美白効果の目的で配合されています。

油溶性ビタミンC誘導体として話題を集め、美白効果の製品の範囲を広げています。