化粧品の美白成分として配合される水溶性アスコルビン酸類について。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


水溶性アスコルビン酸類

アスコルビン酸はビタミンCのことであり、白色の板状または針状の結晶性の粉末で、水に溶けやすく、強い酸味があります。

アスコルビン酸は水溶性で不安定なので、安定性の高い様々な誘導体が開発され、代表的なものとしてアスコルビルグルコシド、リン酸アスコルビンMgがよく使用されています。

強い抗酸化作用がありますので、メラニン色素の生成を抑えて、日焼けによるシミやソバカスを防ぐ働きがあります。

また、老化の原因であるフリーラジカルの発生を防ぐ働きや、コラーゲンの生成を促す働きもあります。

安定化誘導体は生体内のエステラーゼなどの酵素により、活性型のアスコルビン酸に変わることで美白作用を発揮します。