化粧品の美白成分として配合される4−n−ブチルレゾルシノールについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


4−n−ブチルレゾルシノール

開発のきっかけはモミの木にある美白効果のある成分で、1998年に美白効果の医薬部外品の主剤として承認されたものです。

メラニン色素合成の重要な酵素チロシナーゼのチロシン受容部を塞ぐことによってメラニン色素の合成を抑制する美白メカニズムです。

シミやソバカスを防ぐ化粧品に配合されています。