化粧品の安定化成分として配合されるカルボマーについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


カルボマー

アクリル酸を主体とする水溶性高分子で、水酸化ナトリウムや有機アミンなどのアルカリで中和して配合されています。

水以外にも液体も増粘させることができ、アルコール類や多くの高分子原料ともよく混ざり合います。

増粘効果に優れていますので、乳化系や分散系の安定化や、感触の調整目的で広範囲の化粧品に配合されています。

また、配合の応用範囲が広いだけではなく、微生物汚染にも強いことがもう1つの特徴です。