化粧品の安定化成分として配合されるローカストビーンガムについて。

化粧品情報サイト

化粧品の成分を解説しています。


ローカストビーンガム

地中海沿岸に生えるマメ科植物カロブ樹の種子の胚乳部分から抽出し精製した多糖類で、白色の粉末です。

糖の組成は、ガラクトースとマンノースからなり、水溶液は糸引きの少ない粘性が特徴です。

ガラキーナン、カンテン、ゼラチンなどの天然高分子ゲル溶液と相性が良く、ゲル強度を高め安定性に優れています。

また、ゲルに弾力を与えるので、感触の面白さや使用後の肌感触にハリを与える為にも使われています。

食品にも安定剤、増粘剤、接着剤など多くの目的で使用されている素材です。